子供手当てナビ - 気になる金額と増税とは?

 

平成22年4月から施行された子供手当て。あなたはどのくらい理解していますか?15歳以下の子どもがいるご家庭では、現在支給日に振り込まれている事である程度理解していると思います。しかし、独身者や子どもがいないご夫婦、受給対象ではない15歳以上の子どもをお持ちのご家庭では、あまりピンと来ないのではないでしょうか。

 

ですが、子供手当てに使われている財源は、私たちが日常生活の中で支払っている「税金」なんですよ。よって、15歳以下の子どもを持つ親のみが関係していると思われがちなんですが、実は「増税」という形で今後負担増になることが囁かれている状態です。という事からすると、日本で生活している以上は誰にでも関係してくる政策になります。

 

そこで、こちらではそんな子供手当てについて詳しく解説すると共に、その目的やメリット、問題点として挙げられている増税や在日外国人について記載しています。ぜひ参考にしてみて下さい。本来の目的は、子どもの健全な教育や成長のために打ち出された政策ですが、反対の声も多くあるこの子供手当てについて詳しく見ていきましょう。

 

この子供手当ては、自民党から民主党へ政権が変わった際にマニフェストとして提示されたものです。少子高齢化が加速する日本をどうにかしようという目的もあって、対策の一つとして打ち出されました。と言っても、すでに児童手当と呼ばれる同様の目的のものが存在している事をご存知でしょうか。ですが、それとは「対象年齢」 「所得制限の有無」 「受給金額」等が大きく異なっているようですね。

 

これまで、児童手当では小学6年生までだった対象年齢を、中学3年生まで引き上げました。家族構成等によって所得制限もありましたが、現在施行中の政策では所得制限はありません。誰もが支給日に受け取ることが可能です。さらには、受給額も1万円から2万6千円(初年度1万3千円)という額になったことで、政策内容が大きく異なっている事が分かりますね。

 

ただし、所得制限が無いことで誰もが受け取れるものですが、これには事前に申請が必要となっています。今まで児童手当を受け取っていたご家庭については、申請無しで子供手当てに移行され、自動的に支給日に振り込まれるようになっていますが、現時点でそれを受け取っていない方の場合は、必ず申請が必要になります。よって、対象年齢のお子さんがいるご家庭でまだ申請が済んでいない方は、すぐに申請するようにして下さいね。

 

ちなみに、所得制限が無いだけでなく、日本に滞在している外国人でも対象になるという事をご存知でしょうか。それにはいくつか条件があるんですが、在日外国人であっても日本で生活している以上は支給日に受け取りが可能です。しかし、そのことは問題視されているようです。日本人でも、対象者がおらずに貰えない家庭が多いことを考えると、少々理不尽さを感じる声があるんです。こどもの為にという目的は理解できますが、これは今後も問題点の一つとして議論されていくようです。

 

子供手当ては、まだ施行されたばかりの法案であり、初年度である平成22年は半額支給となっているのが現状です。今後、法案で決まった通りの2万6千円が、支給日に支払われるという事すら未定です。廃止になる可能性すらある状態です。よって、これからも色々と法が改正されていくと思うので、常に新しい情報をチェックしておいて下さいね。それではごゆっくりご覧下さいませ…

教育ローンのおすすめは?審査は甘いの?

アルバイトしながら大学などを目指すという方でも収入さえあれば教育ローンを利用することは可能です。

但し、ローンが組める人の条件として20歳以上の成人になっていなければ借り入れることができません。

また、融資を受けるには安定した収入が必要となっているところが多いので勤続年数は最低でも2年以上必要と言われています。

返済能力も重要なポイントなので最低でも200万円以上の収入ないと厳しいかもしれません。

いずれにせよ、借主が学生自身というのは珍しいことなので奨学金を申請した方が審査に通りやすいと思います。

学生本人が教育ローンを借りる手続きをするというのは基本的にはできないと思われます。

学費が目的であってもローンはローンなので借主は貸借契約の責任を取らなければいけません。

そのために融資を受ける人物が成人であることや安定した収入があることは必須条件となります。

また、仕事を辞める予定がないことや家賃、光熱費、保険料などすべてを自分の稼ぎで賄えていることも重要です。

故に、国の教育ローンに融資を期待するよりも銀行の教育ローンのほうが審査が通る可能性は高いと思います。

教育ローンの融資の受け取り方法のひとつに全額一気に振り込まれる一括借入れ型があります。

いわゆる住宅ローンのように一括で全額受け取るタイプの融資です。

銀行などはこのタイプを採用している所が多いです。

一括借入れ型の特徴をご紹介するとローンの契約が成立すると同時に返済金額が確定となる事です。

返済計画が立てやすいというメリットがありますが計画的に融資を使っていかないと、不足した時に新たにローンを組まなければいけないなんてことになってしまうかもしれません。

教育ローンでいくらまで借りられるかということについて解説します。

最初に答えを言うと、銀行やノンバンク等によって融資額はそれぞれ異なります。

国の教育ローン(教育一般貸付)は最高350万円です。

民間の銀行では300万円から1000万円程度が一般的です。

就学先が医学部、歯学部、獣医学部などの場合は、3000万円まで融資してくれる銀行もあります。

一方、信販会社は学校と提携している場合があり、提携校によって融資額が変わりますので、学校と提携しているローンが1番お得だとは限りません。

教育ローンもローン契約であることは間違いありませんので、利用する際には審査に通る必要があります。

審査を受けるため用意しておかなければいけないものがあり、本契約までに全て揃えておかなければなりません。

借入申込書はネット申請は不要ですが源泉徴収票や確定申告書などといった、収入証明書類は必要になります。

運転免許書やパスポートなど本人が確認できる書類や家賃や公共料金の支払いが確認できる領収書あるいは通帳のコピーが必要になります。

ですが、何より最も肝心な書類は在学を証明できる書類であったり、合格が確認できる通知、入学許可書ということになります。

国が学びたい学生のために融資をしている教育ローンをご存知ですか?国の教育ローンは日本政策金融公庫という政策金融機関が取り扱っています。

教育一般貸付(国の教育ローン)と呼ばれるローンで、最高350万円(海外留学資金の場合は最高450万円)まで借り入れることができます。

金利は年1.76%と低く設定されており固定金利になっているので安心して利用することができます。

所得や子供の数によって利用可能な年世帯年収の上限額が異なります。

ローンの使途は銀行やノンバンクよりも幅広く受験時の交通費や宿泊費なども認められています。

教育ローンの金利は融資してくれる金融機関によってかなり差があります。

低金利なところだと1%台だったりするのですが、高いところでは金利が10%近いものもあるのです。

銀行の教育ローンでしたら口座やカードを作ることを条件に優遇金利になる場合があります。

また、金利の計算方法には2つあり変動金利と固定金利の2つの金利タイプがあります。

今は低金利の時代になっていますので固定金利の方がリスクがないと思われます。

教育ローンの返済方法をお知らせします。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から始まります。

利息は通常、借りた日の翌日から発生することになりますが、在学中は利息分の支払だけでOKというローンもあります。

返済期間についても長いローンで最長20年というものがあります。

しかし、返済期間が長期化すれば返済金額はどんどん大きくなりますので注意しなければいけません。

教育ローンと言ってもいわゆる借金ということですので事前に返済シミュレーションを行い、返済状況を逐次確認することをおすすめします。

教育ローンを比較するのであればランキングサイトの利用がおすすめです。

参考:教育ローン審査が甘い銀行は?落ちたらどうする?【学費を借りたい】

わざわざ銀行へ出向いたりを回ったり電話で資料請求する必要もありません。

借入可能額や金利などの具体的な数字は表になっているので簡単に比べることができます。

表の中には、来店の有無やローンのメリット・デメリットなどが掲載されているサイトもあります。

いちいち検索しなくても、銀行のHPがすぐ見られるようリンクが貼られていることが多いので是非ご活用ください。

教育ローンを提供している金融機関は銀行や信販会社などたくさんあります。

その中でおすすめは国の教育ローンという国で融資してくれるローンです。

銀行と比べた場合最高融資額が350万円と少なめですが、年利はわずか1.76%で固定金利なので安心ですね。

使途は大学や高校以外にも専門学校や各種学校など幅広く対応しています。

利用目的も入学金や授業料ばかりでなく受験料や受験時の交通費・ホテル代などといった支払いにも認められています。

教育ローンの申し込み方法について説明します。

申し込み方法は郵送やインターネットなどがあります。

郵送の場合は電話などで借入申込書を請求して届いた書類を記入し、返送します。

インターネットで申し込む場合は事前診断コーナーがありますのでまずはそれを利用して借り入れ可能か診断しましょう。

仮審査の申し込みもWeb上で行うことができますし中々金融機関に行く時間が取れないという人でもありがたいですよね。

無事に仮審査申し込み手続きが完了したら受付けた旨のメールが届くはずですので忘れずに確認しましょう。

教育ローンとはローンの使途を教育関係の費用に限定したローンになります。

受験を控えた学生の親御さんなどが学費や入学金の支払いのためにローンを組むという方が多いです。

義務教育以上の学費はもちろんのこと、私立の小・中学校なども利用対象となります。

融資する金融機関は大手銀行をはじめ、地方銀行やノンバンクになります。

注意点は借入先によって保育園にかかる費用や習い事には教育ローンが利用できない場合があります。

カードローン型と呼ばれる教育ローンについてご紹介します。

通常のカードローンとさほど違いはなく限度額の範囲内であれば自分の好きなタイミングで自由に借り入れや返済を繰り返すことができるローンです。

一般のカードローンと違うところは使途が教育資金に限られるということです。

消費者金融やノンバンクに多い商品となりますがカードローン型を提供している銀行もあります。

学費が明確になる初年度は一括借入れ型で詳細が読みづらい2年目以降はカードローン型という金融機関もあります。

埼玉りそなの教育ローンについてご説明します。

埼玉りそなの教育ローンはりそな教育ローンという商品になります。

りそな教育ローン変動金利方式を採用していますので、年に2回金利が更新されます。

現在の金利は2.20%ですが埼玉りそな銀行で住宅ローンを利用している人ならば。

住宅ローンご利用者プラン1.80%が適用されます。

最低10万から1万単位で最大500万円まで借り入れることができ返済期間については最長14年まで借入可能です。

在学中は利息分のみの返済も可能で、納付金を支払った後でも、3ヶ月以内なら借入れできるなどのメリットもあります。

教育ローンと奨学金は教育に関する借金と言う点では同じかもしれませんがそれぞれ内容は異なります。

教育ローンは保護者が借主となりますが奨学金は学生自身に貸し付けられるお金です。

借り方についても2つのローンには違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれますが奨学金は毎月ごとに定額で振込まれるのが基本です。

利息についても違いがあり、教育ローンは借りた日の翌日から発生するのに対し、奨学金に関しましては、在学中には利息は発生しません。

返済開始の時期ですが、教育ローンは借りた翌月から始まるのに対し奨学金は卒業後になります。